青汁を飲むことで得られる3つの嬉しい効果

青汁は、お年寄りが健康維持の為に飲むものだと思い込んでいませんか?最近では飲みやすい青汁も増えてきており、子供の野菜不足解消や、栄養バランスサポートの為に飲む女性も増えてきています。青汁なんて・・・と思っているあなたに、青汁を飲むことで得られる嬉しい3つの効果をお教えします。

1.即実感!便秘解消効果

体の中で一番効果が出やすいのが、腸内環境。青汁を飲んで真っ先に効果を感じられるのは「便秘解消」効果です。反対に、下痢気味の人の場合は青汁で食物繊維を補うことで、便に程よい方さが生まれます。食物繊維は便の状態を整えるのに役立つものです。便秘も下痢も、腸内環境のバランス崩れが引き起こします。早ければ数日、遅くても2週間以内には効果を実感できるはずです。

2.むくみを予防して痩せ見え!

体重は変わっていないのに、洋服のサイズがキツくなってきた、下半身がぽっちゃりして見える・・・その原因は、水分代謝が悪くなったことによるむくみかもしれません。体の中の巡りが悪くなることで、本来外に出るはずの水分が体内にとどまってしまっている状態です。青汁を飲み始めると、1か月~3か月くらいかけて徐々に水分代謝がよくなっていきます。体重が変わっていなくても水分が減れば痩せて見えるので、無理なダイエットなしでスッキリしたという方も多いのです。

3.風邪&肌荒れしない体を手に入れる!

風邪や肌荒れしやすくなるのは、加齢のせいだけではありません。年齢と共に免疫力低下するのは、体内の代謝機能が落ちてしまうからです。青汁に含まれるビタミン類や抗酸化物質を摂取してあげれば、体を老化させる活性酸素の働きを抑えることが出来ます。血液の入れ替わりサイクルから考えると3か月くらいの期間は必要ですが、体の内側から元気にしたいという人は、まずは青汁を続けることです。徐々に変化していくので効果は見えにくいかもしれませんが、ふと気が付いた時に「あれ、調子いいかも?」と実感できます。

3つの効果を実感する秘訣

青汁とひと口に言っても、配合されている青菜が何かによって効果の大きさは変わります。便秘解消効果を第一に考えるのなら「ケール」、夕方からの下半身むくみを解消したいなら「明日葉」、皮ふや体内の免疫力アップなら「大麦若葉」です。これらが複数配合されているものの場合は、原材料名をチェックして、筆頭にお目当ての成分がある物を選びましょう。最初に書かれているものほど配合量が多いということなので、お目当ての効果を実感しやすくなります。