動悸、弱まった心臓にも効果的な青汁


私の仕事は対人援助職でストレス負荷が強く、勤務時間や日数が多かった時に、動悸がひどくなってしまいました。気力はある方でしたので、睡眠を削っていたら逆に眠りが浅くなってしまい、その負担が心臓にきてしまったようでした。その頃祖母の不整脈が見つかり、心臓が弱い家系なのかもと感じていました。何か解消できる薬がないかと、近所のドラックストアに行きました。
 
動悸といえば、「救心」かなあと、近くにいた薬剤師さんに訊くと、年齢的に救心はどうかしらと、これまでの経緯と症状を伝えました。すると勧めてくれたのが意外にも「青汁」でした。大正製薬の特定保健用食品の「コレスケア」コレステロールが気になる方、コレステロールの吸収をおさえる「キトサン」を配合してあるものです。私はピンと来ませんでした。コレステロールは健康診断の結果でも、むしろ低くて動物性タンパク質もっと取らなきゃなと思っていたくらいだったので。そのこともその薬剤師さんに伝えたのですが、「いえいえ、コレステロール値に関係なく、コレスケアは心臓にも効くんですよ。」との押しがありました。とても勉強熱心な薬剤師さんで、自主的な勉強会でそのことを知ったようです。1箱30袋3,000円弱で正直安くはなかったのですが、我が心臓には変えられません。わらにもすがる思いで購入しました。

摂取量目安は1日三袋ですが、とりあえず1日1袋で様子を見てみました。味は麦芽糖も入っているので、抹茶ジュースのようで飲みやすく、お湯と豆乳で割って毎朝飲み続けました。すると驚くことに本当に動悸が徐々に収まってきたんです。びっくりしました。いわゆるプラシーボ効果なのかなと思いつつも、飲み続けました。後日その薬剤師さんに効果の報告とお礼をすると喜んでくれました。どの成分が効いているのかという質問をしてみましたが、分からないとのことです。材料は大麦若葉とキトサン(かに由来)、トレハロースなどですので、やはりキトサンなのかなと予想もしていますが、これらの組み合わせの可能性も高いです。

そのうち飲む習慣は薄れてしまったのですが、最近またストレスで動悸がひどくなってしまったので、コレスケアを再び飲み始めました。やはり効果ありでした。薬剤師さんの勧めがなければ、一生「青汁」を飲む事は無かったと思います。「青汁」というと種類がたくさんあり、CMも胡散臭く怪しいというイメージがありました。しかし自分の経験から、青汁は心疾患予防にも効果があるのかなと感じます。どこかに研究論文があれば拝見してみたいです。

あおじるーと